喜楽精肉店-index image

取扱商品

 私ども肉の喜楽は”うだつの上がる町並み”美濃市に1945年(昭和20年)創業。初代が工夫をこらした伝統の味を守り続けている精肉店です。


 ボーノポークぎふを使用したうだつコロッケとギョーザは、子どもからお年寄りまで幅広い世代に人気がある看板商品です。
多くのお客さまからのご要望により喜楽伝統の味を、ご家庭でも味わっていただけるように宅配によるお届けを始めました。

喜楽の味をご家庭でも、ご堪能いただければ幸いです。

ボーノポークぎふ
うだつギョーザ
喜楽手包みギョーザ
40個 2,400円 (税込)

たっぷり野菜でヘルシーに!

 味付にこだわり、試行錯誤しながら創り出した喜楽手包みギョーザは国産の安心・安全な野菜をたっぷり使用したヘルシーなギョーザです。

こだわりの1つとして、機械を使わず、ひとつひとつ丁寧に手で包んでいるので余分な空気が抜け具材と皮が一体となり、具材がしっかり詰まったギョーザに仕上がっております。
また、サイズはお子さまや女性に喜ばれる 一口サイズで食べやすく、つい手が伸びてしまう当店自慢の手包みギョーザです。

FAX


うだつギョーザ
うだつコロッケ
20個 2,100円 (税込)

美濃のうだつの町といえば喜楽のコロッケ!

 「うだつコロッケ」は初代が工夫をこらして創り上げた逸品。

 家庭でもお店の味が再現できるよう店でも使用しております「背脂」を同梱してお送りしております。背脂を使って揚げる、外サクサクで、中ホクホクの昔懐かしい味「うだつコロッケ」を是非、ご堪能ください。

FAX

ご注文方法


店舗情報

『うだつの上がる町並み』で有名な岐阜美濃市に当店はございます。
岐阜美濃うだつの町へお越しの際は、喜楽精肉店へお立ち寄りください。

「うだつ」とは...
 古くは平安時代には「うだち」とよばれていましたが、室町時代以降は「うだつ」と訛ったと言われています。また、「宇建」「宇立」という漢字があてられていますが、元々は隣家との延焼防止のために造られていましたが、室町時代から江戸時代初期にかけては木製のうだつが存在するなど防火壁というよりも屋根が強風で飛ぶのを防ぐ防風や、装飾的な意味合いが強く、うだつを上げるためには、それなりに費用が必要だったころから江戸時代中期頃になると「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつよくない」という「うだつが上がらない」の語源になったと言われ、自己の財力を誇示するための手段として商家の屋根上に競って立派なうだつが上げられたことから瓦屋根の装飾は、富の象徴でもありました。

肉の喜楽
岐阜県美濃市うだつの上がる町並み案内はこちら
美濃市観光協会

店名
喜楽精肉店
住所
岐阜県美濃市俵町2147
電話番号
0575-33-1258
営業時間
8:00~18:00
定休日
日曜日(都合で他の休みもあり)
駐車場
有り(契約駐車場)


喜楽精肉店01喜楽精肉店02喜楽精肉店03喜楽精肉店04喜楽精肉店05喜楽精肉店06